読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~☆無限の可能性の彼方へ☆~

僕が目指す『経済的自由』への道を書き記すブログ

利子で飯を食いたい

ずいぶん昔の僕がまだ子どもの頃、今みたいに消費者が守られていない時代に『トイチ』というお金の借り方がありました。

俗に言う闇金ですね。 

トイチ→利息が10日で1割の法外な金利です。

こんな金利で借入をしたら僕たち普通のサラリーマンは確実に破綻してしまいますね。

 

例えば僕がトイチで100万円を借入れたら10日後には利息で10万円払わなきゃいけません。しかも10万円以上払わないと元金が減らないので永遠に10日に一度10万円を払い続けなきゃ怖いお兄さんに連れて行かれちゃいます。

今はこんな話は聞きませんが昔はこんな金利でお金の貸し借りが行われていたんですね。

 

例えば銀行に100万円を預けるとします。銀行にお金を入れることは「貯金」とは言いません。「預金」です。

銀行は僕らから預かったお金を他の会社や人に貸し付けて金利で儲けますよね。

そして銀行は僕らからお金を預かったお金に対して、お礼に色をつけて(利息ですね)僕らに返すわけです。

金利や営業の仕方は違えどやってることは昔の闇金と同じです。結局はお金を右から左に流して商売しているんです。僕らが同じことを個人でやると警察に捕まってしまいます。

 

結局サラリーマンは搾取される側なんでしょうか・・・

 

ですが僕たちサラリーマンでも同じようなことが出来ます。株の配当やFXのスワップ金利です。資産を増やすには株の売買益や不動産の家賃収入、アフェリエイトなど色んな方法がありますが個人的には株の配当金とFXでのスワップ金利が好きです。

 

資産の額が大きくなれば不動産投資も経験してみたいですが、ひとまずは配当金とスワップ金利で生活費を捻出したいんですよね。

 

売買益よりも不労所得です。お金を預けて金利(配当金)をもらいます。銀行の役割に似た事を自分でやるんです。

 

長くなりそうなので続きはまた次回のブログで書きたいと思います。