読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~☆無限の可能性の彼方へ☆~

僕が目指す『経済的自由』への道を書き記すブログ

いつまで社畜を続ければいいんだろう

今日は暑かったですね。

海上コンテナの運転手の僕は土曜日も基本は仕事です。

まぁ土曜日に1日働く事は珍しく今日も11時ぐらいに終業しました。

いくら身体が楽な海コンですが、こう暑ければ疲れちゃうぞ。

働きなくないです。暑くても寒くても働きたくないですね。

 

最近いろんな方のブログを見て感じたんですが、僕みたいな考え方の人が結構いるんですね。年齢問わず、セミリタイアを目標にしてる人は多いですよね。

もちろん僕もその一人です。そのために投資の勉強をして資産を買っているんです。

 

サラリーマンを引退するために、サラリーマンを続けるのは何だか皮肉な事ですが、一般的にはそれしか方法がない気がします。

8年後に経済的自由を得てサラリーマンを引退する予定ですが先は長いですね~

 

すでに社畜から抜けている人を見ると羨ましく思います。

もちろん投資をしてる人の中にはサラリーマンを引退するなんて考えてもない人もいると思います。

その人たちは何の為に投資しているのかな・・・老後の為?それとも日々の日常の生活の質をあげるためですか?

僕は何度も言いますが、仕事を引退することです。

1日の起きてる時間の半分以上は仕事してるんですよ?

その仕事が無くなればどれだけ自分の時間が持てるか・・・

 

仕事が無くなれば人生の時間を2倍楽しめます。趣味の釣りをしたり、映画見たり、世界中に旅行に行ったり。

その日を夢見ながら毎日仕事に行く僕でした。

早く自由になりた~い!!

 

 


にほんブログ村

 

 

南アフリカランド、めっちゃさげてますよ

南アフリカランドのチャートを見ると、ジェットコースターのように急降下してますね。原因はトランプ大統領との事ですが、それにしても下げすぎです。

ドル/円だって1ドル110円割り込みそうな勢いじゃないですか!

こりゃ、高レバレッジをかけて南アフリカランド保有してる人は、かなりのダメージだったんじゃないですかね。

 

そんな僕もランド信者なんですが・・・実は相場が下がる前に全て決済しちゃいました。

もちろんこの暴落を予想してたわけではありません。

 

 

www.nokabuyo.com

過去記事で少し書いたSBI証券の積立FXの資金にしようと思い、YJFXで保有していた南アフリカランドを決済した次の日にこの下げです。

正直言って運が良かった・・・

 

南アフリカランドの高金利はかなり魅力的なんだけど、この値動きの激しさは困ったものだなぁ。

決済したお金は積立FXとマネックス証券で買うつもりのETFの資金にするつもりです。

 

楽天証券での投資信託の積立は『フィデリティ・世界高格付け債券ファンド毎月決算型』にしました。

もともと債券タイプの投資信託を買うつもりでファンドを選んでいたところ、このファンドが目に入りました。

実は・・・これ!!と言って決め手となった理由はないんです。債券タイプだしそこそこの分配金も出るし(分配金はもちろん再投資で設定相手あります)ってな感じで悩みに悩んで決めたわけじゃないので、この運用がうまくいくかは僕にも分かりません。

 

買い付け額は毎月2万円です。本当は5万ぐらい買い付けた方がいいとは思うんですがETFにも資金を投入したいので。

 

最後は話が逸れてしまいましたが、スワップ信者の僕は少しずつ他の資産にも手を出し始めています。どれも中途半端では困るのである程度標的を絞って、でもやるときは一気に集中投資で・・・柔軟に投資を行うことにします。

自由にやるのが個人投資家の強みですから。

 

そうそう!4月から銀の現物も積み立てています。

こちらは月3000円です。これだけ少額だと資産形成という点では役にたちませんが、取り敢えずやってみます。

 


にほんブログ村

投資信託の購入を考えています

僕の個人的な気持ちだったのですが、以前から投資信託の購入についてはだいぶ敬遠していました。理由は割高な購入手数料と信託報酬です。

投資信託の基準価格が下がろうが一定の信託報酬はファンドの利益から引かれてしまいます。それなのにファンドの運用者に報酬を払うシステムが好きになれなかったのですが・・・

 

ここ最近色んな方のブログを拝見して思ったのは『投資信託もいいじゃん』って事です。

今やノーロードのファンドも多く出てきているし、信託報酬も1%以下のもざらにあるんですね。

 

積立で分配金が出ないタイプか、再投資に設定しておけば自然と資産は増えていくんですかね?まぁファンドの成績によると思いますけど。

 

自分で時間をかけて投資先を吟味するより『これ1本で世界中に分散投資できます』ってファンドを積立購入していけば、投資も難しく考えずに済みそうですよね。

高配当株のファンドか債券か、リートか、種類が色々ありすぎて迷ってしまいます。

 

個人的にはリートか債券をメインに組み込んであるファンドを探してるのですが、人気があるのは日経平均に連動するインデックスですかね。それだけ皆が日本の株価上昇を願っているかもしれませんね。

 

数千本ある投資信託の中からどれを選ぼうか・・・投資信託の積立は楽天証券でやるつもりなので、今週中にはこれから積み立てる投資信託を選びたいと思います

 

きっとリートか債券のファンドになるとおもいますが(笑)


にほんブログ村

生命保険の必要性を考えよう

皆さんは保険についてどう考えてますか?保険って色んな種類がありますよね。

1番身近なのは生命保険と自動車保険の任意保険でしょうか。

 

生命保険のいい所は保険にさえ加入していれば急な病気や怪我が起こっても、高額な医療費を保険会社が保証してくれる所ですよね。

自動車保険なら事故した場合の相手や物への保障です。事故して万が一相手に怪我を負わせてしまった場合、保険に加入していないととかなりの金額を自腹で払わなきゃいけません。

その為に僕たちは保険会社にお金を払ってるわけです。

 

自動車保険は僕も入っていますし、皆さんも加入している人がほとんどだと思います。

ですが生命保険どうでしょうか?

今はもう解約してしまいましたが、数年前に僕は生命保険に加入していました。

毎月15000円ほど払い、僕が万が一事故や病気で死んでしまっても家族には多額の保険料が入るようになってました。10000円以上の保険料を払えばそこそこ手厚い保障が得られると思います。

 

ですが日本人の死亡率データーを調べると、日本人はそうそう死なないみたいです。

例えば男性が40歳より前に死亡する確率はたった0・7%で女性は0.5%しかないそうです。しかもこの大半の死亡が0歳児の時に占められています。

 

これは生まれた時に死ななければ40歳までに死亡する確率はほぼゼロなんですね。

このあと死亡率が急上昇するのは男性は75歳を過ぎてからです。女性の場合は死亡率も80歳を超えないと急上昇しないみたいです。

 

このデータを見てると日本人はなかなか死なない事がわかると思います。

僕の友人に保健の外交員がいます。自動車保険は手厚い保険をお願いしてますが、

その友人から、

『生命保険は入らない方がいいよ。僕の顧客の95%は保険を1度も使った事がないから』

『それでも心配で入るなら毎月2000円の国民共済で十分』

なんて話を聞きました。

 

あとは『保障の対象になる怪我や病気をしても申請しない人が多い』とも言ってました。

ちょっとした怪我や風邪ならもちろん保険は降りませんが、入院しない骨折(鎖骨や肋骨)でも保険が降りる場合があるみたいです。

僕は二年前の12月に鎖骨を折って1ヶ月会社を休んだ事があります。仕事中だったので労災で会社は休んだのですが、家で自宅療養してました。

入院していないこの場合でも保険金が降りる場合があるみたいなので、生命保険に入ってる方は少しでも長引きそうな怪我や病気があったら、保険の担当者に何でも聞いてみることをオススメします。

せっかく高いお金を払うんだったら使わないと損ですからね。

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

ETFと投資信託の背比べ

前回の記事では中途半端な終わり方になってしまったので、改めて記事を書きますね。

 

昨日の記事の最後に少しだけ投資信託の悪口を書いたのですが、ETFと比べると保有コストが高いのが難点だと思います。ですが最近は投資信託もノーロードや信託報酬が格安になってる投資信託も増えてきましたね。

こうなると楽天証券で高い手数料を払って海外ETFを買うより、同じ楽天証券投資信託を積み立てても変わらないような気がしてきました。

 

株式と同じで、上場してるETFは1株単位でしか買えません。投資信託は金額を自分で決めて好きなだけ買えるので投資信託にもいい所がありますね。

ん~結局は個人の好みに分かれると思います。

 

話がコロコロ変わって申し訳ないんですが、投資信託の醍醐味とも言える分配金。

実はETFにも分配金を出すものがあります。しかも投資信託と違って『タコ足分配』は基本的にはありません。

タコ足分配とは・・・投資信託でも運用成績が悪いと分配を出せない場合が出てきます。ですがあくまでも『毎月分配型』の投資信託なので嫌でも分配金を出さなきゃならなくなります。

 

これはどう言う事かというと、例えば僕たちが基準価格1万円の投資信託を購入したとします。分配金は毎月50円とします。

運用者が1ヶ月頑張って利益を出して基準価格が10050円になりました。その後に分配金を50円もらったら、基準価格は10000円です。分配金を出した分だけ基準価格は下がる仕組みになってます。

 

次は運用者が利益を出せなかった場合です。基準価格10000円の投資信託から50円の分配金をもらうと基準価格は9950円になっちゃうんですね。これじゃ全く意味がない。

 

自分で10000円を投資して50円の分配金をもらった後でも基準価格は10000円。この形が1番の理想ではないでしょうか?

無理に分配金を払おうとするので、基準価格の下落や分配金の減額が発生しちゃうんですね。

 

それに比べETFは運用にかかるコストを差し引いてから分配金を出します。投資信託のような資産の取り崩しはありません。これは投資をする者としては安心じゃないでしょうか。その代わり、分配金は投資信託よりも少なく設定されてるのが多いですよね。

 

こう実際に2つを比べてみるとどっちでもいい気がしてきました。ですが僕は投資信託じゃなくETFを買います。

 


にほんブログ村

海外ETFのコストの高さに驚き

前回のブログで海外のETFに興味があるとお伝えしたんですが、今日仕事が早く終わったので楽天証券にて海外ETFを買い付けるべく銘柄を選定していました。

前から気になっていた高分配の債券ETFを購入して手続きを進めてビックリ!

 

買い付けの手数料が25ドルもかかっています。僕が購入するつもりだったETFの値段は約26ドルだったので検定代金と同じぐらいの手数料がかかるってことです。

手数料高すぎじゃない!?

僕の考えてるところで、不労所得の柱を何本か建てるつもりでいました。

1、FXの高金利通貨を買ってのスワップ収入

2、株式の配当

3、ブログによるアフェリエイト

4、ETFによる分配金

です。

 

しかし前述したとおり、楽天証券じゃあまりの手数料の高さに驚き、挫折してました。

購入手数料の安いマネックス証券で海外ETFを買おうと思ってたんですが、購入画面が見にくくて自分には合わないと思い、初めからマネックス証券では買うつもりは無かったんですよね。

だけど、あれだけの手数料の差があれば我慢してマネックスETFを積み立てていこうかな。

 

なぜ投資信託じゃなくてETFにこだわるか説明させてください。

投資信託ETFも要は同じ投資の仕方なんですよね。

債権や株、不動産など色んな種類の投資先がありますが、個人ですべての種類に投資するのは金銭的にも無理があります。そこで投資家から資金を集めて投資します。それをパケージ化したのが投資信託ですね。

世界の株式に投資する投資信託を購入したとしたら、それ1本で世界中の株式に投資してるのと同じ効果があります。

ファンドマネージャーに信託報酬を払って自分で銘柄を探す手間を省いているんですね。信託報酬は投資信託を持ち続けている間はずっと支払い続ける費用です。

投資家が損しようが儲かろうが、この手数料は必要なんですね。

この部分が投資信託を買わない1番大きな理由です。

お金を他人に預けるのに、損しても手数料を払わなきゃいけないなんて嫌じゃないですか?

 

その点ETF保有にかかるコストは投資信託に比べて安くなっています。

しかも投資信託は1日1回の取引ですが、ETFは上場してるので気軽に何度も売買出来るのがいいですよね。

マイナーなETFは取り引きする人が少ないので売買が成り立たない場合もありますが。

 

長くなるので続きはまた後日・・・

 

 


にほんブログ村

 

更なる不労所得に向けて

 GWが明けて日経平均株価がじわじわと上昇してきましたね。株式投資をされている方はニヤニヤが止まらない事でしょう。この上昇はいつまで続くのでしょうか。

 

久しぶりに日経平均株価が2万円を突破するのか、それとも頭打ちで株価の下落が始まるのかは誰にも分かりません。株や為替の未来を予想することは出来ますが、100%株価が上がるか下がるかわかる人は絶対いません。

僕としてはアメリカの6月の利上げがほぼ確定な事から、世界の資金がドルに流入して多くの通貨がドルに対して安くなると思います。

 

日経平均が2万数千円まで上がることはないと思いますが、2万円は超えてくるんじゃないでしょうか。

為替の方も1ドル、115円は行くと思います。

いや、むしろ行って欲しい。そうしたら僕のFX口座での評価損が解消されますから(笑)

 

話は変わりますが40歳にサラリーマンを引退して経済的自由を得る予定の僕ですが種銭が少ないせいで、今現在の不労所得はサラリーマンを引退するのには程遠い金額しか得ていません。

株も配当目的で数社の株式を購入はしたのですが、その配当額も雀の涙ほどです。

 

今の僕には、FXのスワップと株式の配当の2種類の不労所得があります。ですが年間で考えると数千円の金額です。月ベースで考えると数百円・・・寂しいです!

 

そこで更なる不労所得の柱を立てるべく楽天証券で海外のETFの購入を始めました。また1枚しか購入してないので銘柄の紹介はもう少し購入量が増えてきたら改めて報告しますね。

次にこのブログです。ブログを書いて広告を貼り付け、そこから報酬を得るアフェリエイトですね。

パソコンがかなり苦手な僕はブログを書くのも一苦労。広告を貼っては見ましたが正式に機能してるか確かめる方法もイマイチ理解できない。参考書を買って勉強はしてるから、時間が経つに連れて苦労せずに作業が出来るようになるかと思ってます。

 

人気のブログには1日何万人もの人が訪れるといいます。そんなサイトの広告料も1日何万円もの収入になるんだろうな・・・

まずはブログの継続をし、皆さんが見やすい、理解しやすい記事を書いていけるように勉強していきたいです。

 

 

 


にほんブログ村